身体を柔らかくする方法②

今回は、本当に筋肉が柔らかくなるというよりは、

「柔らかくなったと感じる」方法です^_^;

 

 

①まずは立った状態で体を折り曲げるように前に倒れてどこまでいけるか
チェックしてみてください。

 

 

 

 

②右側に上半身を3秒ほど曲げます。

 

 

 

 

 

③左側に体を3秒ほど捻ります。

 

 

 

 

 

④左側に上半身を3秒ほど曲げます。

 

 

 

 

 

⑤右側に体を3秒ほど捻ります。

 

 

 

 

 

⑥結果の判定です!立ったまま前に倒れると、①でしたときよりも
前に倒れやすくなっているはずです(^^♪

 

 

 

 

これは物理を意識したものなのですが、
簡単に変化が出やすい方法になります。

ぜひ実験してみてください(^^)

身体の引き締め~美尻編~

今回は、クイーンオランジュでも特に要望の多い
「お尻の引き締め(ヒップアップ)」についてです(^^)

流れとしては、
1. 骨盤を安定させる
2. お尻のインナーマッスル(深層の筋肉)を使う
3. お尻の外側の筋肉を使う
4. 太ももの内側の筋肉を使う
5. 一番大きなお尻の筋肉を使う

が一般的です。

この流れも大事なのですが、一番は、

 

「骨盤を安定させた状態でお尻や太ももの内側のエクササイズをする」

 

が何よりも重要になります。

ここクイーンオランジュでも色々なお尻のエクササイズを
ご紹介しておりますが、

「お尻のエクササイズをするときに骨盤も一緒に動いていないかどうか」

をチェックしながら行うとさらに効果的ですよ(^^♪

腰痛持ちの方の多くはお尻の筋肉が上手に使えていない
場合も多いですので、

「美尻」と「腰痛予防」

の為に、もう一度お尻のエクササイズを見直してみて下さい!(^^)!

 

ダイエット=ボディメイク!?

7月に入り、暑い日が多くなってきています。
熱中症に気を付け、しっかり水分補給をしながらの運動をお願いします(^^)

今回は「ダイエットとボディメイク」についてです。

ここQOでもこれを目標にしている方はたくさんいらっしゃいますが、
皆さまはダイエットと聞くと何を思い浮かべますか?

ウォーキング?
ランニング?
食事制限?
筋トレ?
体重?

そもそもダイエットとは、

「食事を制限(管理)して体重を減らすこと」

です。実は運動はダイエットの中には含まれません(T_T)

ということは、ダイエットを目標にしている方は
ご自身の栄養バランスを最優先に管理することが必須となります。

 

反対にボディメイク(引き締め等)は運動が必須です。

重要なのは「どこをどのように動かし、自分自身でそれを体感出来るか」
少し難しいですが、コツをつかめると特に引き締まりに関しては、かなり実感出来るようになります。

 

 

あなたが優先したいのはどちらですか??

ダイエットであれば食事指導
ボディメイクであればスタジオレッスンやパーソナルレッスン。。。

QOにはたくさんのオプションがありますので
ぜひご活用ください!(^^)!

身体の引き締め~お腹編~

今回から各部位別の引き締め方法についてお伝えしていきます!(^^)!

まずは、気にしている方が圧倒的に多い「お腹」についてです。

お腹の引き締めのエクササイズというと、「腹筋運動(上体おこし)」が
思い浮かぶ方が多いと思います。

もちろんこのエクササイズで引き締まる方もいますが、
「やってるときはきついけど、全然効果出ない(>_<)」
という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ポイントは、「どこの筋肉を使うか」です。
腹筋といっても何種類かに分かれますので、まずは
お腹の引き締め効果のある「腹横筋」を使えるようになる必要があります。

よくクイーンオランジュでもお伝えしている「腹式呼吸」
息を吐いてお腹をへこませたときに、皆さんはどこがへこんでますか??

おへそのところ?? それとも腹囲全体??

正解は腹囲全体です。
おへそのところだけだと、お腹の表面上の筋肉をメインで使ってしまいますから
効率が悪くなってしまいます。

息を吐いたときに無理にお腹をへこませようとせず、
自然とお腹の中から吐いていくように意識をしてみて下さい。

ある程度息を吐いていったときに、
お腹まわり全体がしぼんでいく(うすくなっていく)感覚があればしめたものです。

この次に使ってほしい腹筋もありますが今回はここまで!

ぜひ呼吸エクササイズを行う際は上記の点を意識してみてください^^

 

 

 

 

身体の引き締めに重要なこと!

これから夏に向けて、薄着になり肌を露出する機会が多くなってきました。
そうなるとより身体のラインがはっきりと出て、いやでも自分の体型を意識
してしまいますよね(-_-;)

二の腕やお尻、太ももにお腹周り。。。

身体の引き締めの為には運動が必須となりますが、
「運動をしてもなかなか引き締まらない(T_T)」という方もいるかと思います。

お腹には腹筋(上体おこし)、脚には太もものエクササイズ(レッグエクステンション等)
というイメージがあり、もちろんこれらを行うことで引き締まっていく方もいますが、
実際にはそう上手くいかないケースも多いです。

何が大事かというと、
「どこから動かしていくか(運動の順番・使い方)」
「どこをつかっている感覚があるか」
この2つをしっかりおさえてエクササイズしていくと、
身体はかなり引き締まっていきます。

次回から各部位ごとにポイントをお伝えしていきますので
お楽しみに^^

 

身体を柔らかくする方法①

少しずつ暖かくなり、春を感じさせる日が多くなってきました。

身体を動かしたくなる季節になってきたとも言えるかと思います。

でも、身体が硬い(柔軟性がない>_<)とご自身で思う方は、
いきなり筋トレしたり走ったりは危険です。

特にふくらはぎはつりやすいですし、ストレッチは必須になります。

ちなみにふくらはぎを伸ばすと、前屈が楽に出来るようになりますよ!
ぜひ試してみてください^^

ストレッチポールの使い方

たくさんの方が使用されているストレッチポールについてです

普段皆さんがされている使い方として、
「ベーシックセブン」という、姿勢を整えるためやその後に行う運動の効率を高めるため、あるいはリラックスするための運動をされているかと思います。

終わって床に寝そべったときの身体が沈むようなあの感覚・・・

毎日したくなるほど感動しますよね(^^♪

今回はそれとは違う使い方についてです

①うつ伏せになり、ちょうど脚のつけ根辺りにあたるようにストレッチポールを脚の下におく
②前後に30秒ほど小さく揺れる

たったこれだけです

これを行うと、脚のつけ根にある筋肉がゆるんで
骨盤の前傾がきつい方は楽になるかもしれませんよ

ぜひ試してみてください!(^^)!

詳しくはスタッフ(わたし)まで!

 

みなさんの姿勢のタイプは?

だいぶ前になりますが、「姿勢につぃて」の話をさせていただきました。
(一年半以上前にもなりますね^^;)

今回はその姿勢についてもう少し詳しくお伝えします。

多くの方が普段とっている姿勢のタイプは大きく分けて4つに分かれます。

「前弯後弯タイプ」「フラットバックタイプ」「スウェイバックタイプ」「兵隊タイプ」です。

身体を横から見たときに、
・骨盤の位置、傾き
・腰の骨の曲がり具合
・胸の位置や胸の骨の曲がり具合
・頭の位置
で何タイプかを判断します。

姿勢を良くするには背すじを伸ばすイメージがあるかと思いますが、

例えば「スウェイバックタイプ」状態からさらに背すじを伸ばそうとすると、

さらに不良姿勢になってしまいます。

つまりは「どの姿勢タイプかによって鍛えるところ、伸ばすべきところが違ってくる」ということです。
(これが全てではないですが)

姿勢が良いと日常生活が過ごしやすくなりますし、運動効果もあがりやすいです。

ご自分の姿勢が何タイプか気になる方は、ぜひ姿勢チェックを受けてみてください。

詳しくはスタッフ(わたし)まで!

足裏を意識してますか?

みなさんも普段何気なく立って歩いたり(ときには走ったり)

していることかと思います。

その時に全部の体重を支えているのは「足裏」です。

足裏の表面積は体全体の約1%ほどで、その小さな足裏が全体重を支えています

から、「足裏のどこに体重が乗っているか」が重要になってきます。

もし変な乗せ方(例:極端な外側・内側、指に乗っていない、アーチが大きすぎる、

アーチがない、かかとに乗せすぎている等)をしていると、

骨に負担がかかり、膝痛や腰痛の原因になるだけでなく、運動効果も

減少してしまう可能性があります。

当施設ではその「足裏バランス」を測定し、普段意識がしにくいところですが

とても重要な足裏についての評価を行い、スタジオプラグラムにも

改善していける内容のものをとりいれています。

詳しくはスタッフまで(^^)

 

ストレッチポール!

皆様ストレッチポールはご存じでしょうか!?

そう!この道具です!

 

 

この上に寝転がり、簡単な動きをしていくだけで背中がすっきりしますよ(#^.^#)
(地面に仰向けで寝ると背中がぺったりついている感じがします)

日常生活の動作や姿勢(立ったり座ったり歩いたり等)は、大多数の方がなんらかの癖があり、使っている筋肉(縮む)と使っていない筋肉(縮みにくい)の差が大きくなりやすいです。

特に背中の筋肉は精神面の影響も受けやすく
ストレスがたまると、よりアンバランスになるといわれています。

そこでこのストレッチポールを使用すると
そのアンバランスさが解消されやすくなるわけです(^^)v

良い状態(姿勢)で運動した方が効率は上がりますので運動前に。
また、リラックス状態で終わると気分も良いので運動後にも
このストレッチポールをぜひ利用してください(^^)

使用方法はQOスタッフまで!

 

次ページへ »