冬が近づいています。

こんにちは(^○^) 
理学療法士の勝見です!

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

このごろ徐々に冷え込みが強くなり、寒い日が続きますね( ;∀;)

今回は、冬の運動の注意点についてお話させていただきます。

冬場は寒暖の差に注意が必要で、寒い環境では血管は収縮し、血圧が上がりやすいです。
心臓にも負荷がかかってしまうため、ウォーミングアップをしっかりと行い身体を温めてから運動を行うようにしましょう。
また、気温が低いと関節や筋肉は硬直してしまうため、入念なウォーミングアップをすることは怪我の予防にも繋がります。

次に水分です。
冬は知らず知らずの内に身体から水分が蒸発してしまい、脱水になりやすい時期です。
喉の渇きを感じにくい冬だからこそ、こまめに水分を摂りましょう。

安全に、楽しみながら運動ができるよう、十分に注意して今年の冬を乗り越えましょう!!(`・ω・´)