お灸のすすめ

こんにちは。

鍼灸師のみしまです。

 

早いもので明日から5月下旬に突入です。

みどりが美しくて大好きな時期ですが、この時期は4月からの疲れがどっと出てくる時期でもあります。

4月から生活がガラリと変わられた方は特に…

また、気温も湿度も上昇してきていますので、身体の不調も出やすくなります。

 

本日は、そんな時期の対処法としてお灸をおススメします(^^)

お灸をして頂きたいツボは、「三陰交(さんいんこう)」と「陰陵泉(いんりょうせん)」です。

①三陰交の「交」は交わるの意。足を通っている3つの経絡が交わるところなので、様々な症状に対応してくれるツボです。

②陰陵泉はひざの下の凹んだ部分にあり、水の溢れる深い泉をたとえてこの名前がついたそうです。

 

2つとも身体の水の流れをスムースにしてくれるため、湿気の多くなるこの時期にはとても活躍してくれるツボになります。

疲れや湿気が身体にたまると、身体のなかに滞りがうまれます。

お灸をすることで、せき止められて滞っているものが流れれば、循環が出来て状態は良くなってくれます(^^)♪

 

お灸はご自身で簡単にできるセルフケアにもってこいの手段です。

季節の変わり目、夏に向けて体調を整えていきましょう!

ご興味のある方はお近くの鍼灸師まで♪