ひな祭り♪

こんにちは。

鍼灸師のみしまです。

本日は3月3日。ということで「桃の節句」お雛祭りです♪

 

1年は5つの節日で区切られており、3月の節日はもともと上巳(じょうし)というのだそうです。今は「桃の節句」という呼び方でお馴染みですね。

節句は「節供」ともいい、季節の節目でお供え物をして、その時期のものから生気をもらって邪気を祓い、健康を願う意味もあるようです。

3月は桃なので、桃の節句!

 

そして、ひな祭りといえば菱餅ですが、赤・白・緑という色や、その材料にも意味があるようです。

 

・赤…邪気を祓う、魔よけの色

山梔子(さんしし・クチナシの実)が入っている。桃にも邪気祓いや不老長寿の意味合いがある。

・白…清浄の色

子孫繁栄、長寿の力があると考えられているひしの実が入っている。

・緑…健康・長寿の色

香りが強く、邪気を祓うと考えられている蓬(よもぎ)が入っている。

 

また、赤:桃の花、白:雪、緑:新芽で、3色を重ねる順番で冬から春の情景を表しているとも言われています。

 

上に挙げた植物は漢方の生薬の一種でもありますし、ヨモギは鍼灸で使うお灸の道具、「もぐさ」の原料ですし、漢方医学ともとてもつながりがあります(^^)

 

ひな祭りも、毎年の恒例行事としてあたり前に存在しているものですが、実はとっても願いが込められた、考えられたものなのですね。

いろんな思いに・感謝感謝ですね✩