11 Slowlist and Daylete(スローリストとデイリート)

私達はathleteではないし、そうなる必要もありません。

日常生活のゆったりとしたリズムのなかで健康を維持し、楽しく長生き出来るよう準備しましょう。

 人間の脳はカラダに害のある過激な運動でも慣れてくると快感を感じてしまいます。

そのため、カラダの機能はストップをかけても脳が快感を求めてもっと激しい運動を要求し、やがてカラダが壊れてしまいます。

激しい運動は大量の活性酸素を体内に発生させます。

活性酸素は細胞を傷つけその機能を低下させ病気の原因をつくります。

脳の快感はカラダの快感にはつながりません。

脳の快感に引っ張られるのではなく(アスリート)、ゆっくりしたリズムで(スローリスト)無理なく継続することを優先して(デイリート)楽しく運動をしましょう。

まるで、ゆったりと適温の温泉に入るような気持ちで