足裏を意識してますか?

みなさんも普段何気なく立って歩いたり(ときには走ったり)

していることかと思います。

その時に全部の体重を支えているのは「足裏」です。

足裏の表面積は体全体の約1%ほどで、その小さな足裏が全体重を支えています

から、「足裏のどこに体重が乗っているか」が重要になってきます。

もし変な乗せ方(例:極端な外側・内側、指に乗っていない、アーチが大きすぎる、

アーチがない、かかとに乗せすぎている等)をしていると、

骨に負担がかかり、膝痛や腰痛の原因になるだけでなく、運動効果も

減少してしまう可能性があります。

当施設ではその「足裏バランス」を測定し、普段意識がしにくいところですが

とても重要な足裏についての評価を行い、スタジオプラグラムにも

改善していける内容のものをとりいれています。

詳しくはスタッフまで(^^)